旧郵便局を利用したインテリア店・west elm at old U.S.Post Office

1067

west elm
IMG_4201 (2)

NYブルックリン生まれで全米チェーン展開のインテリア店、west elmの店舗はかつての郵便局を再利用したスペース。ダウンタウンのトラッキーリバー沿いに建つ旧郵便局は地元設計士のフレデリック・ディロンチャンプスの設計によって1933年建立の、細部にこだわったアールデコ様式の建造物です。1975年迄はリノの中央郵便局として活躍、それ以後は支局として郵便局業務が行われましたが、2012年に建物自体が開発業者へ売却されています。1990年に国の歴史的建造物として登録されたため開発業者も改修には最善の注意を要したとのことです。

玄関

IMG_6991 (2)

内装であちこちに用いられているアルミニウムのパネルは玄関口にも施され、扉の上には愛国精神を表敬するかたちでアメリカ原住民であるインディアン的なモチーフ(写真上では鷲)が用いられています。

エレベータ

IMG_6988 (2)

現在も使用可のレトロなアルミニウム製エレベーター。ドアの彫りが素敵。上階には農業省、復興省、労働局、退役軍人局、気象庁、FBI、税務庁、社会保障庁、海兵隊、海軍等々の支所や事務所がかつて入っていたそうです。現在はそれらは全て他所へ移設しており、一般民間企業が上階に入居するようです。

ロビー

ロビーの壁はダーク・マーブルが使われています。

私書箱

IMG_6987 (2)

かつての私書箱が残されています。こちらもアルミニウム製。鷲のモチーフがここでも見られます。これらは、自由に見ることができるスペースとなっています。

店内

廊下から見る店内はカタログ表紙のようです。店内にはネバダのアートカード等地元アーティストの作品コーナーもありました!

地下

IMG_4220 (2)

地下には the Basement というカフェやショップのスペースがあります。詳細はこちらに掲載。