About

218

りのなびについて

 

ネバダ州北西部のカリフォルニアとの州境に近いリノは、こじんまりとしたサイズがたいへん居心地のよいウエスタンな街。

19世紀に金銀採掘の鉱業で発展した後の20世紀にはカジノの名所ともなり、その古き良き時代を彷彿とさせるオールドスタイルのカジノが今も街の中心にあること、タホ湖や冬季オリンピック会場となったスクオウ・バレー・スキー場のあるシエラ山脈の森林が美しいこと、などが街の魅力。
また、小都市であるが故なのか、リノの住む人々は実にのんびりしたいい人達が多いと巷の評判。

そう、ここリノは心が解き放たれたアメリカン・ライフを過ごせる
「世界で一番大きい小都市」。