リノ近郊もロケ地になった映画「トップガン・マーベリック」about Top Gun Maverick

770

全米公開が、2021年7月2日に延期になりました。

1986年に全世界で興行収入約3億5千ドル(約400億円!)をたたきだし超メガヒットとなったトム・クルーズ主演映画 Top Gun の2作目、Top Gun Maverick の公式Trailer (予告宣伝動画) の最新版が公開されました。1作目の印象があまりにも強烈だったのと、一般的にヒット作品の続編ってハズレになることが多かったり、50代後半のトム・クルーズがはてさてミリタリー系映画で何をどう演ずるのか?という疑問もあったりで、2作目 のMaverickへの期待値は正直かなり低かったのです。が、 先日公開された最新版Trailerで美しいシエラネバダ山脈の飛行シーンやネバダの砂漠シーンを観た途端、「たぶん観ない」 →「 絶対観る!しかも映画館で」、にステータスが反転更新されました。

まずは2019年12月16日リリースの最新版 Trailerをどうぞ。

Top Gun Maverick の撮影ロケは主にカリフォルニア州の海軍基地と空母USSエイブラハム・リンカーンや空母USSセオドア・ルーズベルトですが、我らのご当地リノ近郊では、サウス・レイク・タホ South Lake Tahoe, CA、ほんまもんのTOPGUN養成スクール US Navy Strike Fighter Tactics Instructor program (公式にはSFTIと呼ばれているが通称TOPGUN) を擁するファーロン Fallon, NVの海軍航空基地(Naval Air Station Fallon)、そしてカーソン砂漠にあるカーソン・シンク Carson Sinkとローン・ロック Lone Rock などがロケ地となってます。で今年の夏に撮影ロケがあった際は地元紙の記事になりました。

NAS Fallon and “Top Gun: Maverick” 
July 26, 2019  by Leanna Lehman 

(ファーロンのNASにて撮影協力した退役軍人の)アッパム氏は「ファーロンでの撮影ではトム・クルーズをはじめとする映画製作チームは我々軍人に非常に協力的で彼らとの作業は楽しかったよ!」もちろん、彼らの仕事ぶりはプロ意識が非常に高く集中力は半端なかったとのこと。「彼らの仕事の成果(=映画)を見るのが今から楽しみだよ。」と言ってました。

上の動画はファーロンのNASでの撮影風景。1作目で有名な、管制塔をびびらせる飛行シーンが2作目でも見られるのかな。尚、1作目の有名シーンは下の動画をどうぞ ↓

Top Gun Maverickで観られる海軍機としては、F-14A Tomcat ( 1作目でお馴染み。2006年退役)、P-51 Mustang(第二次世界大戦で使用。トム・クルーズはプライベートでも同機所有)、F/A-18E/F Super Hornet(写真下は航空ショーで展示・飛行されていた加州リムーア(Lemoore)NAS所属の複座型F/A-18F)、などが予定されてるようです。

「スタント使うならやらない」とアクションに自身の体を張って果敢に挑む天下の名優トム・クルーズ(57歳)の渾身の作品に、リノ近郊がロケ地となったことでご近所の息子さんが出てる映画に対するような妙な親近感を勝手に抱いてます。ということで、リノの映画館に上映挨拶に来ないかな、トム。

ちなみに、ほんまもんのTOPGUN養成スクールは、旧作の公開年1986年当時はサンディエゴのミラマー(Miramar)基地にありましたが、ミラマー基地が海兵隊航空基地(MCAS: Marine Corps Air Station)に改組になったため、ファーロンに移転、その他のミラマーの部隊は、リムーアNASに移転しています。今回の作品は海だけでなく砂漠と山ありなのが面白いですね。りのなび編集部が秋に訪れたオースティンの温泉もファーロンNASの演習エリアになっています。
なお、ほんまもん: TOPGUN、 映画: Top Gun と表記が違うのに注意。


アメリカ上映開始:2020年6月26日予定 → 2020年12月23日→ 2021年7月2日に延期
日本上映開始: 未定
監督: Joseph Kosinski
脚本: Jim Cash (characters), Peter Craig | その他
出演: Jennifer Connelly, Tom Cruise, Monica Barbaro, Ed Harris, Val Kilmer(Iceman)

● アメリカの公式サイトはこちら。
● 日本の公式サイトはこちら。
● 映画サイトのIMDbはこちら。